log.png

​ピュアウッドとは

​古代の知恵+木+最先端のテクノロジー
​それがピュアウッドパネル

ドイツ、黒い森の管理された森で育つトウヒ、モミ、ブナは冬季にのみ伐採されます。
木は張りを緩ませ、ひび割れやねじれを防ぐために天候に左右されない屋根の下で何カ月も自然の空気の中で保管されます。
乾き始めた木は木への負担を軽減しながら近代的な乾燥方法で建築する上で理想的な、10~12%の湿度まで乾燥させられます。この工程を経た木はその品質と乾燥のバランスで害虫やカビに対する保護塗装や薬剤を一切使用することなく、長く耐久性を保ち続けます。

木は他のあらゆる建材とは違って自ら成長し、私たちが特別に製造する必要がありません。その上、成長過程において汚染物質を出すこともなくエネルギー費用も必要としません。

その後、木を熟知した専門家によって一つ一つの板層を精査、選別し、パネルにしていきます。最新のCNCマシンとレーザー制御により完璧なピュアウッドパネルが作り出されます。

 

ピュアウッドハウスは、極めて短い期間での建築、維持費とエネルギーの節約、そして長い住宅寿命の維持が可能です。
また潜在的な産業廃棄物が発生しないことにより、エコロジカル且つ経済的な、安心できる将来を一度に提供できるのです。

同時に無垢のピュアウッドパネルはエネルギーの貯蔵庫としても働き、それによって従来の建築様式と比べてエネルギー費用を半分にまで削減することができます。
本物の木は何百年以上も建造物を理想的な形で残すことができ、その建物の利用期が終わり解体された後には腐敗や堆肥化によって新しい原料が生まれます。
ピュアウッドは*カーボンニュートラルであり生物学的に非常に価値のある無垢材システムなのです。この木造建築様式では1㎥の木材当たり、2tもの二酸化炭素を節減できると同時に、環境や気候に対して良い効果をもたらします。


*排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量であることを示しています。

SZ_TP1.jpg

貫かれるエコロジーの信念

木の中で健やかに生きる

SZ_TP2.jpg

ピュアウッドハウスは透湿性に優れ、化学物質を一切使用せずに建築し、設備を施すことが可能です。またアレルギー体質の方、健康的な暮らしを望んでいるすべての人に理想的な住環境です。
小さな気孔を持つ木の表面はその湿度調整能力によって匂いや有害物質を吸収分解します。また、精油の上品な香りや木の特徴的な香りは、深い呼吸を促す効果もあります。ストレスホルモンを低く抑え心拍数も一日に8500回ほど減り、快適な睡眠が促進されるという研究も発表されています。

またもう一つの注目すべき点は、木の抗菌作用とそれによる日常の衛生状態です。現在の研究によると細菌は酸度の高い合成物質の表面では異常な勢いで繁殖するのに対して、乾燥した木の表面では24時間すらも生き延びることができないことが分かっています。
このように自然な木による建築資材は、私たちの身体に大きな影響を与え、私たちの健康にポジティブな効果をもたらしてくれるとも言えるのです。

ピュアウッドの仕組みの中で要となるのが、ドイツの黒い森で栽培された無垢材(トウヒやモミ)によるパネルです。

このパネルは、水平、垂直、対角線状の層を成して重なり合い、接着剤や金属を一切使用せず、ブナ材による木製ネジのみで接続されます。
この特別な木製ネジ(含水量約3%)は、周り壁の水分(約10-12%)を吸収して同じ含水量になることで周辺の木材と結合して離れなくなります。木の暴れや狂いは壁の中で相殺され、ねじれなどのない精度の高いパネルが完成します。

それ自体が構造体であるピュアウッドパネルは、天井や屋根、床板(17.9cm~25cm)、そして外壁(18.5cm~35cm)として用いられ、壁の集合体(家)の実現を可能にしています。

P5 1. NUR-HOLZ Würfel ausgeschnitten 2545_.png

構造と仕組み

ピュアウッドパネルの断片

P5 2.Schraube ausgeschnitten IMG_1760.png

ブナ材による木製ネジ

 
panel.png

​ピュアウッドの性能

真の意味での良い住宅とは、健康的で住み心地が良いだけでなく、強度という構造体の安全そのものも意味しています。

それは地震や火事などの災害から私たちの命を守ってくれる、住宅の最も基本的な存在価値でもあります。

水平、垂直、対角線上に並べられ、変形や膨張を起こさないよう木製ネジで接続されたピュアウッドパネルには、そのような防火・耐火性、耐震性に加え、断熱性・室温調節性能、高周波・電波遮断性能といった、生活そのものを守ってくれる様々なメリットがあることが証明されています。

P6 1 耐火性 2.jpg
P6 1 耐火性 1.jpg

​耐火・防火性能

鉄筋コンクリート

ピュアウッド

DSC04061.JPG

耐火試験後のピュアウッドパネル(外壁側)

木は、火からあなたを守ります。

木は、板が薄い場合、また空気との接触がある場合にはよく燃えます。ログハウスや木造住宅の優れた建築技術の水準では、普通に組み立てた壁・天井・屋根の耐火性能は最高でF30です。
これは、規格で定められている約1000度の炎を当てたとき、建築部位に炎が貫通するまでに30分かかるという事です。しかし、ピュアウッドのパネルでは最高値がF180にまで達しました。

またコンクリート壁を1000℃で熱する場合には、熱していない側の温度は、1時間後には20℃から500℃まで上昇します。この熱によって反対側の壁の壁紙や布類にもあっという間に引火してしまいます。
日本で行われた耐火試験では、20.5㎝のピュアウッド壁パネルに1000℃の炎を当てました。1時間後、反対側の壁の温度はたったの1℃だけ上昇しました。つまり、火災が起きたとしても倒壊の危険性無しに出入りし、避難できることが保証されているのです。

揺れにも強い構造体。

地震の多い日本では、家の耐震性は最も重要な要素とも言えます。
日本で行われた強度試験では、ピュアウッドパネルの中では最も薄い厚さの17cmのパネルにおいて、壁倍率「7」という結果が出ました。壁倍率とは、住宅を建てるにあたって、耐震に必要になる耐力壁の強さを表す指数をいい、国土交通省が定める壁倍率は現在「5」が最高値として認められていますが、ピュアウッドはその最高値をはるかに超えた数値を出したのです。

本来、通常の木造建築にも特別な金物は使用されています。しかし、ピュアウッドは耐火の場合と同じように、耐震性に関してもあらゆる点で信頼することができます。

P6 2 耐震性.jpg

耐震性

(財)日本住宅・木材技術センターで行われた強度試験の様子

断熱性能・室温調節性能

断熱性能・室温調節性能

P6 3 断熱性.jpg

夏涼しく、冬暖かい最高の室内環境。

ピュアウッドの内部は、鋸挽きの仕上げの粗い層が何層にも重なっているため、板と板の間に非常に薄い空気層が循環せずに滞ったまま存在しています。この層が木材自体が持つ断熱性に、より優れた断熱性能を発揮します。
また、木は金属やガラスや石に比べて、熱をゆっくりと伝導するので、室内の内側の壁の温度と、外気温が同じになるのに、時間がかかります。従って、ピュアウッドの家は外気温に対してゆっくりと反応するので夏涼しく、冬暖かい、快適な室内環境が保証されます。

もちろん、冷暖房費もコストの大幅な削減になり、断熱材の節約にもなり、省エネ住宅としての本領を発揮します。

高周波・電磁波も遮断。

現在私たちは、様々な目に見えない高周波の放射線(電波や自然の放射線も含む)にさらされて生活しています。携帯電話や、インターネットの普及により、まさに高周波電磁波のシャワーを浴び続けているような状態です。これらの放射線や、電波は、減少するどころか増加する傾向にあります。

すでに、ドイツ・ミュンヘンの防衛大学により、ピュアウッドの高周波電磁波の遮断性能は実証されています。現在使用されている多くの建築資材とは対照的に、ピュアウッドパネルは高周波の放射線や電波を99.999%遮断します。携帯電話回線の中継などに使用されている電波アンテナ塔や、それに類する放射源に対抗する建材としても注目を浴びています。

高周波・電波遮断性能

P6 4 高周波.gif